Japan Karate Shoto Federation

海外派遣指導員養成制度

海外派遣指導員養成制度について

希望者を募集します

 

 

総本部では、海外から寄せられる指導の依頼にひろくこたえてゆくため、今月より海外派遣指導員養成制度を実施いたします。

海外からの指導員派遣要請に基づき全日本空手道連盟(以下全空連)から打診があった場合、松涛連盟独自の指導資格を有する人材を登録名簿のなかから選考、推薦する仕組みです。

養成期間は、延べ3カ月間(12週)です。申込者は、総本部の指導員稽古(月~金)に加わり、研鑽を積んでいただくことになります。

なお、12週分の養成期間は、1年間をかけて分散して取得することを認めます。仕事や学業などの都合で長期間休むことができない場合でも、各自の都合に合わせて計画的に研修を受けることができます。

研修費用は総額30万円です。分割の支払いにも対応いたしますので、ご相談ください。

派遣は全空連からの依頼に限ります。派遣する国や派遣日数、報酬などの条件は、案件ごとに異なります。

応募資格は、本連盟二段位以上の資格を持つ50歳以下の四年制大学を卒業した男女(卒業予定者応相談)。

申し込み時に二段位の場合は、研修の終了と同時に三段位を授与いたします。

募集は随時行っています。研修の希望者は、履歴書を総本部事務局にお送りください。追って連絡いたします。

TEL 03-5972-1225

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日本空手松涛連盟 All Rights Reserved.