Japan Karate Shoto Federation

The explanation of the Dojo-kun (道場訓)

 
doujoukun
  
 

The explanation of the Dojo-kun (道場訓)

一、人格完成に努むること

Build up and improve character

空手道の修行を行うものにとって目標として一番大切なことである。日々の厳しい稽古の中でお互いの人格を尊重し、人間性の向上発展に努力することが必要である。第二条以下の道場訓はすべて第一条の目標達成の方法である。

The ultimate goal of karate is to seek perfection through intense daily training by cultivating discipline, courtesy and endeavor. The other four principles of the Dojo-kun are the methods of which to achieve the ultimate goal.

一、誠の道を守ること

Be straight and honest

誠とは真心であり、ひとたび口にしたことは必ずやり遂げる、これが誠の道なのである。言ったことは実行する、嘘をつかない、ということが人からの信頼を高める根本である。

This means to be sincere in everything you do. The true path of honesty lies through words of honor, always kept when given. To earn other people’s confidence, it is fundamental to keep promises and avoid lies.

一、努力の精神を養うこと

Be purposeful.

何事も努力なくしては成功することはできない。このことは理屈でわかっていてもなかなか実行できないものである。そこで努力するためにはまず精神、即ち心から決意する必要がある。そして決意したことに努力して立ち向かっていく、そうでなくては何事もなしえない。

Try hard in everything you do. You can’t be successful without being diligent. Nothing can be achieved in theory. Therefore, apply all of your efforts to achieve these goals. Here it is important to face what you have decided with great effort.

一、礼儀を重んずること

Respect others

礼儀とは、最も人間性のあらわれであり、秩序の根本である。相手を尊敬して礼をすることも当然でありうるが、実は礼儀は自分自身のためにあるということを知らなければならない。初対面で相手に対して、堂々としかも丁重に礼をすれば、相手は感応して信頼を高めることができる。人間の真価は礼節にあらわれる。決しておろそかにすべきではない。

The core of any system and order lies in courtesy and human qualities. Gratitude and respect to your opponent should be the common state of things, being at the same time courteous to yourself. Gratitude will let you draw the opponent’s sympathy and trust from the first glance. True human values emerge out of this courtesy, which, by no means, should be neglected.

一、血気の勇を戒むること

Refrain from violent behavior.

人間はとかく我が儘な心に支配される。ちょっとしたことにでもすぐカーッとなって腹を立てる。相手に突っかかる。本人は勇ましく振る舞っているつもりかもしれないが、端から見ると滑稽なものである。空手道の修行に励むものは、些細なことですぐ腹を立てるようでは、空手道の名に恥じる。 腹が立った時には、にっこり笑えるほどの心のゆとりを持つことが大切である。

Humans tend to be egotistical. One may lose temper after a minor incident and lash out at the other. A person might consider such behavior to be brave and valiant, but in truth is foolish. Those who practice karate and get angry over trivial things will disgrace the name of Karate-do. Anger should never mean that there is no room for a smile.

TEL 03-5972-1225

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日本空手松涛連盟 All Rights Reserved.